携帯版

第6回 ジュニア映画制作ワークショップ | ラーメン早食い少女20点

<< 2023/05 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
最近の動き
班別
月別
過去のワークショップ
2000年からはじまった「ジュニア映画制作ワークショップ」では、中学生たちが主体となり短編映画づくりを続け、12本の秀作が誕生しました。等身大の日常を描いたドキュメンタリーや、「いじめ」問題を真正面から描いたドラマなど、フレッシュな切り口の作品は観客からも大きな共感と評価を得ています。

今年度は『ミネラルウォーター(麻生班)』と『ラーメン早食い少女20点(中原班)』の2チームに分かれ、ドラマ作品を制作しています。このサイトでは、活動の模様を紹介します。完成した作品は「KAWASAKI しんゆり映画祭」で上映されますので、ぜひご覧ください。
<< | page 1 / 3 | >>
カチンコ

 2005/08/12 金 完成披露試写会、懇親会

 [両チーム合同]
午後1時日本映画学校大教室に集合。ジュニア参加者の保護者、サポートスタッフ、指導講師の他、映画祭の関係者なども集まりました。もちろん、主役はジュニア達です。

塾帰りなどで間に合わなかったジュニアがいたため、5分程度遅れてのスタート。
ミネラルウォーターの『チェンジ!』、ラーメン早食い少女20点の『水色のしずく』の順で上映され、それぞれ上映のあとに参加したジュニア、サポートスタッフ、指導講師の舞台挨拶がありました。
ミネラルウォーターが作品作りをする上で個々の苦労した点を主に挙げていました。一方で、ラーメン早食い少女20点はチームとしてのコミュニケーションについて多く挙げているのが印象的でした。
サポートスタッフや指導講師のコメントはミネラルウォーターのチームを例えて『ケモノ』、ラーメン早食い少女20点を例えて『引きこもり』。こんな無茶苦茶な事を言ってもジュニア達が動じないのは信頼関係があるからなのか、それとも大人達がまた変なことを言っているとただあきれているだけなのか……。
もちろん誇張が入っていますが、『ケモノ』の所以はミネラルウォーターが最初からジュニア達が仲良くなって騒がしかったから。『引きこもり』の所以はラーメン早食い少女20点が最初はジュニア同士がまったく話をせず大人しかったから。(ラーメン早食い少女20点も今となっては仲良くなりすぎて騒がしいのですが……。)
他に、前実行委員長で脚本家の白鳥あかね氏、現実行委員長の野々川千恵子氏、総合プロデューサーの武重邦夫氏から講評を頂きました。「映画が出来上がったときにはおめでとうございますって言って挨拶するんだけどね……。」と言われてもジュニアはキョトンとした表情。まだ、終わったという実感がないのかも知れません。

試写会終了後3時頃より懇親会が行われました。もちろん中学生なのでお酒はないはずなのですが、みんなまるで酔ったかのようにハイテンション。1時間ほど騒いでいました。最後に全員集合の写真撮影をし、円陣を組んで威勢をあげ、解散。

「今年のジュニアは終わっても誰も泣かなかったね」と、あるスタッフの言葉。かつての中学生たちは、ワークショップの終わりに仲間との別れを惜しんで誰かしら泣き出していました。
今年のジュニアたちからは、これが終わりだという寂しさはひとかけらも感じられません。むしろ、これが始まりであるかのように。
彼らの前向きな姿勢には、可能性を感じせざるを得ません。これからの彼らの活躍に期待したいと思います。

そして、また来年もよろしくね。
カチンコ

 2005/08/11 木 ダビング

 [両チーム合同]
今日はいよいよダビング、ジュニアたちの今までの作業が結集される日だ。撮影時に同時に録音した音、撮影時にうまく録れていなくて録り直した音、みんなで選んだ効果音、そして音楽のすべてを映像につけて、最後はバランスよくミックスしていく。

午前中は「ラーメン早食い少女20点」チーム。ダビング指導の先生やお手伝いの映画学校の学生さんが前日徹夜で音を仕込んでおいてくれたので、スムーズに進む。段階を経て何度も観ていくと、音以外の映像にも気になるところが出てきて、午後ちょっとだけ撮り直す(ジュニアたちのこだわりはスゴイのです)。効果音や音楽がつくと映画みたい!だと自分たちの作った映画なのに(だからか)、感動しきりであった。終了後は10月1日の発表会場の飾りつけなどを話し合い、買い物にでかけた。まだジュニア・ワークショップは終わってないということです。

午後は「ミネラルウォーター」チーム。基本的には午前と同じ作業だが、こちらは音楽を作曲ではなく、選曲にしたのとコメディのため効果音が多いため、音の選び直しや付ける場所選びに時間がかかる。参加ジュニアの数が多いことやコメディのためか、午後のジュニアたちは なかなかに騒がしい。途中、ダビング指導の先生から「たった20分間しゃベらずにいられないの?」と喝を入れられる場面も。こちらのチームも音がついて映画らしくなると、なぜか映像のほうに気になるところが出てきたようです。

予定どおり、2本の素晴らしい映画が仕上がり、明日は完成試写。
大きな画面で観て、どう感じるのか楽しみです。
カチンコ

 2005/08/09 火 アフレコ

 [ラーメン早食い少女20点]
今日は、生アフレコの日。主人公かなえの歩く足音や日記をめくる音、ペンで書く音などを画面に合わせて録音していく作業です。一見簡単そうに見えるのですが、これがなかなか難しいのです。皆で分担を決めて担当することになり、それぞれの担当の音に責任を持つことにしました。
最初はどうしていいかという感じだったジュニア達も、慣れるに従って段々うまくなっていきました。

しばらくすると、録音指導の方から「うまいねえー!」と声がかかるほどに上達したジュニア達。音への反応の良さはイマドキの子供らしいかも。
蒸し風呂のように暑い録音スタジオで汗をだらだら掻きながら頑張った甲斐があって、およそ3時間ほどで生アフレコは終了しました。
完成が段々見えてきて、チームの雰囲気は最高潮です!

明日の中原班はジュニアはお休み。今日、録音した生アフレコの音や音楽など音の整理と準備を録音指導の先生たちがしてくれます。
カチンコ

 2005/08/08 月 編集大詰め

 [両チーム合同]
本日もうだる様な暑さ
今日から映画学校の方で麻生班、中原班共に詰めの作業に入りました。
一時はどうなる事かと心配していましたが今はホッと肩を撫で下ろしています…。

予定も佳境に入り、士気が高まったかジュニアの皆がいつも以上に元気一杯でした…(汗)若干名許容範囲を越えていましたが、、
カチンコ

 2005/08/07 日 編集5日目

 [ラーメン早食い少女20点]
本日は川崎市市民ミュージアム最終日。
編集作業が最終段階にきました。
麻生班のスタッフの方も同じ部屋で編集をされてました。
朝9時半、一番のりのジュニアが来て、オープニングで使用するシーンの撮影。
この日、これまで皆勤だったいじられキャラのジュニアが昨日体調を崩したため欠席。
このことにショックを受けた?ジュニアが妙に高いテンションとなり、周りはこの日一日翻弄されっぱなしでした。

10時半になると他のジュニア3人もパラパラと登場。
監督のジュニアは作品指導の先生とプロデューサーと演出について打ち合わせ。大人相手にがんばってました。
他のジュニアはというと、ジュニアのお母さまからの差し入れのお菓子などを食べながら雑談。夏休みの宿題を持ってきているジュニアもいましたが、集中できるはずもなく雑談の輪に。どんな話題になっても先述のテンション高いジュニアが自分の話にもっていってしまいました。しかも同じ話のくり返し。これがなんと夜まで続きました。

午後は主演のジュニアが登場。監督のみ付き添いアフレコの収録。
他のジュニアは雑談にあきて、トランプ、UNOで遊んでました。
6時になると音楽を担当してくださる方が来て、遊んでいたジュニアも一緒に編集された作品を観ました。
まとまった映像に一同感動。「映画になってる!!!」
他に気付いた点などをコメントしていました。
ジュニアは再びトランプ遊びに戻りましたが、8時になって家路につきました。
おつかれさま。後は大人が片付けマス。
カチンコ

 2005/08/06 土 クランクアップ、編集4日目

 [ラーメン早食い少女20点]
連日の暑さの中、お盆に向けお休みのジュニアも増え、限られた人数で最後の追い込みを行った。 

本日は先ず、タイトルの最終確認。昨日一旦決まったかに見えたタイトルであった。しかし、より内容を的確に表わすタイトルとしてどうかという観点から再度練り直し、結果 『水色のしずく』 ということで、確認がなされ決定した。
『水色のしずく』とは、すなわち ・・おっとっと・・ それは試写会までのお楽しみ。

ロケ組みは、最後に残ったシーンを撮影に、猛暑の中近くの学校に出向く。
屋外はこの撮影で、全て完了した。
屋外で猛暑に遭遇したせいか、1人のジュニアが戻ったとたんに鼻血が止まらなくなり、おおわらわ。救急車だ医者だと大騒ぎの結果、幸い熱中症ではなく、母親とも連絡がつき、持病の一種ということで、落ち着きはらった母親との連携で、治療法もわかり1時間もすると鼻血も止まり、いつもの元気な姿に戻る。ホッ!

室内組みは、議論を交わしながら地道にタイトルと、エンドクレジットの準備。
細かい作業の積み重ねの結果、ストーリーにぴったりマッチしたものが完成した。
これらの全ての撮影を午後7時に完了し、クランクアップ。室内に喜びの拍手が響き渡る。
この撮影期間中、若干のハラハラすることはあったが、周囲に迷惑をかけたり、事故をおこすなど何事も無く完了したことに一同胸をなでおろす。
中原班の皆さんおめでとう。と本日参加できなかった中原班の皆さんに、そして切磋琢磨して頑張っている麻生班の皆さんへの激励をこめて・・。


これからは、並行的に進められてきた編集が本格的まとめに入る。
編集によって、素晴らしい映像がより生かされ、さらにオリジナル音楽が加わり、より効果を高めてくれることなど期待で一杯である。
カチンコ

 2005/08/05 金 撮影6日目、編集3日目

 [ラーメン早食い少女20点]
本日も晴天なり、猛暑です。
朝9時、宮内中学校に集合。先日の学校撮影で残ったグラウンドでのシーンの撮影。出演予定のジュニアが、朝歯が痛いと連絡が来てヒヤリとしましたが、なんとか来てくれました。

グラウンドのシーンは水に濡れてしまうため、何度も撮り直しができないという問題のシーン。昨日のリハーサルに続き、本番前のテストを繰り返しました。何しろ猛暑ですから、途中何度も水分を取るため休憩。
さて、本番。1回でOKとはいかず、やり直し。何度かやり直し、別カットも撮って外は終了。暑くて頭から水被っていたジュニアもいました。
その後、学校内でのシーンも3カット撮り、無事にエンドタイトルなど以外の撮影は終了しました。

午後1時30分、ミュージアムに戻り、遅い昼食。その後再び編集作業へ。午後は3人早退していきました。残ったジュニアたちはエンドタイトルの撮影のための準備やこの映画のタイトルを話し合いました。
夕方には音楽を担当してくださる方が来てくださり、ジュニアたちの希望や日程などの調整を相談しました。
一方タイトル決めが難航、ふざけたりして脱線を繰り返し、やっと決まって7時になってしまいました。おつかれさまでした。 
みんな本当に仲良くなりました。
カチンコ

 2005/08/04 木 編集2日目、打ち合わせ

 [ラーメン早食い少女20点]
指導講師と映画学校から手伝いにきてくれている学生さんはPCの前で編集作業。OKカットを脚本の順番に並べなおしていく。

ジュニアは、わずか半数の参加。
祖父母の家に行ってたり、部活動だったりと、ほかの夏の大事な行事をこなしているようです。
参加したジュニアは、映画のエンドタイトルと明日の撮影の構想を練る。明日は水をかけるシーンを撮る。これは役者がぬれてしまうので、撮り直しができない難しいショットになるので、事前の打ち合わせが大切だ。明日はクランクアップで、夕方は音楽を手伝ってもらう人と打ち合わせがあるので、できればエンドタイトルを撮ろうと思っていたが、録音を手伝ってもらう人のフルネームが判らないまま6時になってしまい、終了。明日は、忙しい一日になりそうです。
カチンコ

 2005/08/03 水 編集1日目、打ち合わせ

 [ラーメン早食い少女20点]
今日は朝から昨日キャプチャーして取り込んだ映像をシーン順に並べる作業をしました。OKテイクを生かし、NGは外していきます。
段々、映画としての形が具体的になってきます。
つないでみると意外につながりがうまくいっていたり、いっていなかったり、脚本という文字の世界だけではわからなかった映像としてのイメージがはっきりしてきます。

午後からは、録音の先生が来て、音の打ち合わせをしました。脚本を読んでもらい音的な構成のアドバイスをいただくのです。
録音スケジュールも詳細に決め、11日のダビングに向けての準備も編集と並行して進めていきます。
空き時間にジュニアたちは市民ミュージアムの展示イベントも見学。2回も見に行ったジュニアもいて好評でした。
ただし、夏休みの宿題も気になるらしく、時々、宿題を広げてみてはため息をついたりと悩める日々(笑)のようです。
カチンコ

 2005/08/02 火 編集準備

 [ラーメン早食い少女20点]
今日は、DV−ストームという編集機材を市民ミュージアムに運び込みました。
ジュニアはお休みです。
10時に映画学校に集合し、車に積んでミュージアムへ。
セッティングを終え、撮影済みの映像を素材として取り込んでいく「キャプチャー」作業をしつつ、今まで撮ってきた映像をチェックしました。
撮影時の苦労を思い出しつつ、3時間弱でキャプチャーは終了。
これで明日からの編集の準備はできました。
いよいよ明日から編集作業に取り掛かります。
<< | page 1 / 3 | >>
Copyright © 2005 Kawasaki Shinyuri Film Festival all rights reserved.